前へ
次へ

産休をする場合頭の片隅に入れておきたいこと

産休は、子供を産むためには必要なことといえます。子供を産む時、直前に産休を取らなければいけないわけではありませんが、直後は産休を取らなければいけない決まりになっています。これは法律上定められているものであり、これに違反する事は許されません。これに違反するのは、子供を産んだ女性本人ではなく、会社側といえます。よくある例としては、仕事をしている女性の中でも非常に重要な立場の人がいるとします。その人が結婚を出産する場合に産休を取ることになりますがこの場合会社側が産休をとらせてくれない可能性もあるでしょう。会社側としては、仕事に穴が開く事が困るからです。直後の場合、およそ1ヶ月半ぐらいには会社に出ることができません。しかし会社の中には、それを破り会社に出るように伝えるケースもあります。言葉巧みに説得して、出産直前は難しいですが、出産をしてから20日後位に出るように伝えて働かせることもあるわけです。しかしこれは法律に違反しているため、会社が違法行為をしたことになります。会社に対する罰則が加えられると考えて間違いありません。もし本人が同意していた場合でも、強制的に法律で決められている以上は上なければいけない決まりです。ただ中には例外がないといけません。それは、出産後6週間を過ぎた時点で、担当する医者が働いて良いと認める場合です。この場合には、医者の意見もあるため例外的に出産後6週間目から働いても良いわけです。逆にそれ以前は、いくら医者の許可があったとしても働くことができません。やはり1カ月間は家にいなければいけないわけです。もし夫婦仲が悪く、早めに産休を取りやめたいと考える人もいます。夫婦仲が悪いため、いくら子供を育てるとは言えあまり家にいたくない場合です。この場合には、産休を取り消すことができないと考えてよいでしょう。やはり法律上の決まりを守らなければいけません。もしこれを破った場合には、法的な制裁が加わる可能性があります。

Page Top