前へ
次へ

産休を取るときに知っておきたい事

産休を取りたいと検討している方へお教えしたい事があります。それは、産休制度をしっかりと知った上で準備をすすめていくことです。出産の前後で休暇を取る事が本来の目的です。ただし、取得できる日にちには、それぞれの違いがあるので、あらかじめ日数を知っておく事が大切になります。何を目安にして算出するのかというと、これは、出産予定日から算出することで自分では決められない事も知っておくと便利です。また、出産から6週を超えて医師から健康状態が良いと判断された場合には就業許可が出る場合があるので無理のない範囲での就業をする事です。それから、産休を取ることを検討しているなら職場に報告をする事、それから復帰の方法に関しても早めに相談をする事です。正社員の場合には急な欠勤や早退など、周りへの負担をかけることにもなるので早めに相談をして迷惑がかからない様にしておく事です。他にも、産休に入るまでには、業務の引継ぎを終えておく事です。これは、社内だけでなく、取引先やお得意様など、あらゆる方に迷惑をかけないために、必ず行っておく事です。それには、スケジュールの計画を立てて余裕を持って進めていくことです。引継ぎ用の資料の作成であったり資料に必要なファイル、それからデータなども含めて整理整頓をして普段から分かりやすい場所においておく事です。また、マニュアルを作成する場合には、極力シンプルに作る事、それから簡潔にまとめて作成をしておく事でスムーズに引継ぎを行う事が出来ます。また、妊娠初期の段階から保育園の情報を得ておく事が大切です。産休を取得する事が出来ても、仕事復帰されるまでにお子さんを預ける保育園が決まっていないと仕事復帰をする事が出来ません。また、家族の同意を得ておく事、それから、家事など負担を軽減できる様に旦那さんの協力も得られる様にしておく事です。産休を取るまでにこれらの事を準備しておくとスムーズに出産、産休を取る事が出来ます。

Page Top