前へ
次へ

産休を取りたい女性にアドバイスします

20代から40代ぐらいの女性は、結婚、妊娠、出産を経験することが多いです。現在は結婚をして、子供を授かった後も仕事を続けたい人が増えています。妊娠の可能性がある場合は、早めに産婦人科クリニックや病院を受診して、尿検査や内診、超音波検査を受けることが大事です。妊娠がわかったら、早めに会社に報告をすることが大事です。妊娠初期は流産のリスクが高いので、体に負担の少ない勤務時間にしてもらうことが出来ます。上司や同僚に話すことで、無理なく働くことが出来ます。産休は母体と赤ちゃんの保護を目的にしているので、基本的には誰でも取ることが出来ます。産休は労働者の権利になっているため、申請の手続きなどは行う必要はありません。産休は分娩の前の6週間、出産後の8週間は取ることが出来ます。出産、分娩は体に負担が掛かりますし、十分に体が回復していないうちから、育児を始める必要があります。分娩をした直後や産褥期は体調が優れないことが多いので、産休を取ることで十分な休息や休養を取ることが出来ます。新生児は定期的におむつ交換や、授乳が必要になるので、出産後は育児に専念をする必要があります。妊娠がわかったら、母子健康手帳を発行してもらうことが出来ます。妊娠は病気ではないので、保険適用はされないので通院は自己負担になります。経済的な負担を減らすために、国には出産一時金の制度があります。お金を受け取ることで、出産や分娩に備えることが出来ます。産休は基本的には正社員はもちろん、パートやアルバイトなどの雇用形態でも、取ることが出来ます。産休を取ることで赤ちゃんとの時間を大切にすることが出来ますし、体力を回復させることが出来ます。出産後8週ぐらいを経過すると、体力が回復してきて体の調子が整ってきます。無理のない勤務形態にしてもらえるので、出産後も仕事を続けることが出来ます。大手企業の場合は、産休に関する理解があり、働きやすい環境が整っています。

Page Top